【口コミ】部活で忙しい長男がスタディサプリで成績上位を保てた話。

こんにちは。ひぃ(@happyhappyhsi)です。

今回のテーマは学校以外での子供の家庭学習についてお話します。

我が家の長男はスポーツ少年団に入団していて、平日週3回の練習と週末に記録会や大会があり、とても忙しい時間を送っています。

部活をやっているから時間がないし疲れる→勉強ができない→授業についていけない

小学5年生くらいから勉強につまずく子が多い中、「こんな風にはなりませんように」と祈りながら入部しました。

毎日忙しくなっちゃうけど塾にも通わせた方がいいのかな?

と塾で忙しいお友達を横目に悩んだりしてきました。

塾・家庭教師・通信教育・・・。さまざまなものを天秤にかけ考える日々。

そんなある日、私が息抜きで楽しみにしている「ホリエモンチャンネル(YouTube)」を見ていた時の事。

ホリエモンが「学習業界が一変する」「これじゃあ学校の授業を受けたくない」と評価していたのがリクルート社の子会社が運営している『スタディサプリ』。

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

何これ?面白そう!

と感じ無料体験を通じて使ってみたところ、我が家にとっての家庭学習の軸となりました。

スタディサプリをうまく活用しているおかげか、どうやら学校では成績上位の方で、塾に行っていない子供の中では1番の成績を保てています。

公立校での順位なのでこれが十分なのかという感覚は人によると思いますが、我が家の感覚では

スポーツに打ち込んでいる割には成績いいじゃない!

という感じです。

この記事は、

・小学生で塾に通わせる必要ってあるのかな?
・通信講座がいいと思うんだけどどれがいいかわからない

という方にぜひ読んで欲しいです。

体験談を交えて紹介しますので、ぜひ読んでみてくださいね♪


スポンサーリンク

スタディサプリのメリット

YouTubeなどで動画になれている世代なので、スタディサプリで画面を見ることは苦じゃないようです。動画の区切りが1回15分なのも集中力が切れずちょうどいいですね。

学年問わず見放題

最大のメリットは、自分の学年に関わらず学習できるという点ですね。

普通の通信教育だと今の学年の教材が送られてきて、それをこなします。

しかし現在小学6年生の長男を例にとると、小学5年生のあたりの学習内容で忘れてしまってる部分も多いんです。

そんなときにいちいち教科書を引っ張り出してきて・・・というのも面倒。

しかしスタディサプリなら小学4年生までならさかのぼって復習が出来るのです。(小学3年生以下はありません。)

つまづいてるところを放置してしまっては、中学入学のときにスタートダッシュがきれないので、しっかり復習できるという点は大きなメリットです。

また、得意なものは予習もできます。我が家は英検5級を受けるのですが、まだ小学校では習わないので、市販の英検対策テキストを購入しました。

しかし実際にテキストだけでは初めて英語テキストに触れる小学生にはわかりにくく、大人が補助をしたいもの。

でも忙しい時はスタディサプリの「英語中1」に頼っています。親の時間を短縮してくれるところも最大のメリットです。

神授業

スタディサプリの講師は都内有名塾で教えているようなプロの講師。

神授業」と呼ばれています。

どれどれ。神授業なんて興味ある~

と短大時代に家庭教師(へなちょこ)の経験もある私も興味を持って一緒に見たところ、確かに表面的な勉強というよりもベースをしっかり指導して底上げするような教え方なんです。

またまた子供の興味をひくのが上手い。

塾では先生の当たり外れがあると聞いたことがあります。最悪アルバイトで経験の浅い先生に出会ってしまうことも。

ハズレに当たってしまってもなかなか言い出せないし、塾を変えようとしても入学金やテキストなどを払いなおさなければいけないデメリットもあります。

そのような悩みを持たずに有名講師の授業を受けることが出来るという点もメリットのひとつですね。

なお、大人が一緒に聞いても社会なんか特に「へぇ~」となりますよ!

手持ちの機器ですぐ見られる

スタディサプリはパソコン・タブレット・スマホを持っていれば、登録したらすぐに見ることが出来ます。
子供が「やってみたい」というタイミングで学習は始めたいのに、通常の通信教育は届くまでに間が空いてしまうのがデメリットです。やる気のある時にすぐにスタートできるというのは大きなメリットでしょう。
しかし個人的にはスマホで見るのは画面が小さいので、おススメしないです。タブレットかPCの方が目に優しいと思います。
我が家は最初はPCでやっておりましたが、最終的にはタブレットを購入しました。ちなみにタブレットは私のものを貸しているという名目で使わせてますw

良心的な料金

nattanan23 / Pixabay

 

スタディサプリの月会費は980円。塾の平均が1か月10000円なので約10分の1とかなりお得になっています。

その浮いたお金でシューズやジャージを買えるじゃん!

と考えれば経済的。

テキストも1冊1200円と市販の参考書程度の金額なので助かります。

プリンターを活用したい方は問題集のPDFを印刷する事も出来ます。

問題集は定期的に割引をしている感じなので、そういう時期に購入した方がいいかも。

スタディサプリ自体の金額が安い分、我が家では市販の参考書でテストをしてからわからないところをスタディサプリで補うといった感じです。(これが一番効率が良い)

我が家で今使っている問題集はこれです。

 

中学受験コースものぞき見できる

Kaz / Pixabay

 

我が家の長男は受験はしないのですが、受験コースをチラ見して、学習することもできます。

「つるかめ算」とか「植木算」くらいは知っておいてもいいかな~
と思っても、なかなか時間もかかるし、教え方も難しいですよね。
そんな時は、スタディサプリの有名講師に頼んじゃおうと割り切っています。
受験コースを選択すると料金が変わってくる通信講座も多い中、これはお得ですよね。

メールで学習状況を把握できる

このようなメールが次の日送られてきます。きちんとやったかやっていないか、把握することが出来ます。

スタディサプリはただ流しているだけでも勉強時間にカウントされてしまいますが、問題の正答率を見るとさぼっているかさぼっていないかすぐにわかります。

さぼっているときのもの。

こんな感じです(笑)。あまりうるさく管理してしまうと子供が嫌になってしまいますが、学習状況を把握しながら上手に声掛けしていきましょう。

親子ともに時短になる

geralt / Pixabay

 

塾に通うと、近くの塾以外は送り迎えしなければなりません。我が家のように小さい兄弟がいる場合はそれも大変です。

でもスタディサプリなら、自宅で出来るのでそんな必要もなく、好きな時間にできるので時短にもなります。

中学校で部活に入ると、帰りが19時近くなる時もあります。また、各教科ごとに宿題が出て今の何倍も家庭学習をしなければならないと聞きました。

家庭学習をやりつつ、つまづいたところをスタディサプリで補う。これが一番効率がいいと感じたので、今のところはこの方法でいくつもりです。

合わなければいつでも辞められる

塾だとやめる時に労力がいり、気も使います。

また学習方法が合ってなくても

友達と一緒に行っているから辞めたくない!

などの理由で合ってないにも関わらず、やめ時が見極められないこともしばしば。

そんなしがらみもなく親がやめ時を見極められ、いつでも退会できるのが通信教育のいいところです。

自宅で机に向かう習慣がつけられる

塾通いしているのに成績が思わしくない子に話はよく聞きます。

塾任せになって家庭学習の習慣がついていないからかな?と推測してしまいます。

家庭学習は何より大切で、大人になっても学習することが苦じゃなければ成長し続けると思いませんか?

計画の立て方や時間の使い方も上手になりますよ。



スポンサーリンク

スタディサプリのデメリット

親の管理がある程度必要

やる気がなくなると自分だけで継続するのが難しく、やらなくなってしまうのが難点です。

小学生のうちは上手い声掛けやスケジュール帳を定期的に書かせたりと工夫も必要。

我が家は市販の問題集のテストをやらせて、点数を出してあげます。そしてわからないところはスタディサプリで補う流れを頑張って習慣づけています。

教科書対応ではない

いわゆる今の教科書に沿ってという訳ではないので、そこを重視している方には合わないと思います。

しかし内容は大きくそれている訳ではなく、根本からわかるようになる指導の仕方なので、個人的には十分だと思っています。

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

スポンサーリンク

スタディサプリは試してみる価値あり!

我が家も

やらなかったら解約すればいいや~

という考えでしたが、1年間を通してみて、やらなくなる時期はあっても、

やっぱりスタディサプリがないと自分が教えなきゃならないから、不便だな~

と思い、継続する考えです。

これから春休みに入るので、2週間のお試し期間はぴったりだと思います。

高校~大学講座、TOEIC対策も評判がいいので、今後のためにも慣れさせておくといいかもしれません。

学習方法には合う合わないがありますのでぜひ試してみてくださいね!



スポンサーリンク
おすすめの記事