【熱性けいれん持ち】6日間続いた7歳息子の熱【体験談】

こんにちは。今日は我が家の次男のお話です。

先週、ゲリラ豪雨のなか親子共々びしょ濡れになったのですが、その翌日に小学1年生の次男が発熱し、6日間高熱が続いてしまいました。

7日目に下がってホッとしたのですが、一体何だったのかしら?
こんなに熱が続くことなんてあるんですね。
体験談としてお話します。
スポンサーリンク

熱性けいれん持ちの次男が、初めてダイアップを使わず乗り切った!

次男は熱性けいれん持ちです。3歳の時に2回、昨年1回起こしています。
脳波に異常はありませんでした。

まず今回の熱の時系列はこんな感じです。

1日目

熱38度。かかりつけ医院が休みのため、違う近所の病院へ。熱性けいれん持ちだと話すと、

『普通は7歳になったらダイアップは使わないよ』と言われ、ダイアップを入れず看病することに。

出された薬はメイアクトのみ。

帰宅後、一気に39度に。この日の夜が一番けいれんが起きそうで怖かった。

高熱になると、『目が痛い、目が痛い』という次男。この直後にけいれんが起きるパターンが多いので怖かった。

2日目

終日39度。

熱の上がりかけが一番けいれんを起こす可能性が高いのかな?と思い、夜中ほどの心配はなかった。

ダイアップをいれてないからか、目元もはっきりしていた。(トロンとしていなかった。)

熱以外の症状なし。

相変わらず目が痛い。下痢も3回。

3日目

朝37度 夜中39度。

咳が出始める。心配なので、かかりつけの病院を受診。病院でポタポタと突然の鼻血。でもすぐ止まる。焦る。

アスベリン、カルボシステイン、プルスマリン処方。

メイアクトはいったんやめるように言われる。

『目が痛い』のは、熱が上がるときに感じる個人の特徴のようなものでは?と言われる。

4日目

朝37度 夜38度。

昨日の夜中39度にあがり、咳が出て眠れなかったので、再度受診。

指先からの血液検査。

マイコプラズマ疑い→マイコによく効く抗生剤が出る。

5日目

朝37.6度 夜38度。

一向に良くならず。5日続く熱に、『川崎病か?』とネットでの情報に翻弄される。

今日までほとんど食欲なし。ゼリーやうどんを少しだけ食べる。

6日目

朝37.5度 夜37度。

特に咳が良くならないので受診。

血液検査、レントゲン、ヒトメタニューモ検査。

いずれも異常なし。

明日も高熱だったら、総合病院を紹介してあげると言われた。

帰宅後、熱が37度だったので、少しだけゲームをすると、37.5度に。

ゲームは熱を上げるのか????

7日目

解熱。

少し外を歩く。

そのあと体温を測るが、熱は上がらず。

夜中はまだ咳をしていた。そして、寝言(暴言)が酷かった。

けいれんが起きそうでこわかったのは、何といっても1日目の夜。目が離せませんでした。

でも2日目以降は、

成長したし、ダイアップなしでも乗り切れるんじゃ?

という気持ちにもなり、思った通り無事に乗り切りました。

スポンサーリンク

8日目、咳は出るが復活

8日目の今日、元気に学校に行きました。

次男の場合、原因がわかりませんでしたが、一体不明熱って何なんでしょ。怖すぎです。

またインフルエンザの季節がやってきますが、熱はこりごりです。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事